免疫力アップの為に家でできること

風邪やインフルエンザに打ち勝つ身体にする為には

身体の免疫力アップが必要ですね。


口から食べた食べ物と一緒に入ってきたウィルスや病原菌がどこから入るか

というと

小腸の壁から入ります。


そこで体内に入れさせないように

免疫細胞も小腸の壁に集中しています


その為に腸内環境をよくしてあげて、

免疫細胞がより活発に活動しやすい状況にしてあげる為に

食事面では

キノコ類発酵食品を摂るのが良いということを

Instagramで書きました。














では食事以外の面で

リフレクソロジストとして

皆様にお勧めする免疫力アップの方法はというと


ズバリ

「足裏を揉む」!!


じゃあ具体的にどのあたりを揉んだら良いの?

と言うお声にお答えして

特にお勧めのエリアを今回は二つご紹介いたします。



①小腸の反射区



白く塗りつぶしてあるあたりが

「小腸」

の反射区です。


上から下に向かって

そして可能であれば

親指側から小指側に向かって

気持ち良いと感じる強さで

揉んであげてください。


うまくいけばぐるぐるとお腹が動き出すのを感じられるかもしれません。





②脾臓(ひぞう)の反射区


脾臓は身体の左側にあるため、

反射区も足裏の左側にのみあります。


脾臓は血液中の異物や細菌、古くなった赤血球を分解して血液を綺麗にし

細菌の情報を伝え、

抗体を作る場所でもあります。


白く塗りつぶしたあたりを

小指側から親指側に向かって

上から下に刺激してあげてください。





いかがでしたか?

痛気持ち良かったり

効く〜っと感じた方もいらっしゃったでしょうか?

ゴリゴリとした感触がある方は

少しお疲れなのかもしれません。


免疫力アップするために重要な身体の器官の反射区

として

今回は

「小腸」「脾臓」の反射区を

ご紹介してみました。


あなたの身体は

より良い状態にして行こうと

常に働いています。


その働きをより高めてあげるために

ご紹介した反射区を

しっかりほぐしてあげることで、

確実に免疫力アップの力が加速されます。


足裏の反射区を押すことは

信じられないくらいにあなたの身体の力を

引き出してくれますので

ぜひ騙されたと思って試してみてくださいね。


また別の反射区も

少しずつご紹介していきたいと思います。


そしてもし

プロの手で

もっと身体全体の反射区をしっかり

全部施術してもいらいたいと言う方は

ぜひRoom Rのリフレクソロジーをお試しくださいね。

58回の閲覧

050-3636-1185   |    welcome_room_r@yahoo.co.jp