慎重派だった私が、新型コロナワクチンを打つと決めたワケ (続き)


前の記事の続きとなります。
まだ読まれていない方は↑をクリックして
お読みください。


前回の記事では

  • ワクチン慎重派だった理由

  • そもそも免疫って何?

  • 新型コロナウイルス感染した際の重症化する理由

  • リフレクソロジーの可能性の話

について書きました。



今回の記事では

そもそも慎重派だったのに

どうしてワクチンを打つという選択をしたのか

について書きますね。



子供の感染のニュースが増えてきた

最近はニュースはネットで見るくらいで

あまり普段テレビを見ない生活をしているのですが


8月の終わり頃


たまたまつけたTVのニュースで


「小学生など

新型コロナウイルスの

子供たちへの感染が増えている」


という報道を見かけました。



その時によぎったのは


子供への感染に対する恐怖

というよりは


子供へのワクチン接種への動きが

加速するだろう


という予感でした。




202110月現在
日本では
12歳以上がワクチン接種の対象となっていて
12歳未満は対象外。

厚生労働省のホームページによると
この年齢に関しては
現時点の科学的知見に基づいて
決められていて

今後接種の対象年齢が
広がる可能性あり

となっています。

(現在、海外で生後6ヶ月〜11歳を対象とした臨床試験が実施中)




自分が打つか打たないか

自分の感覚に従えば良い

という気持ちでいた訳ですが