抑揚を感じる

昔から

音楽が大好きな私ですが





Jacques Loussier

という

ジャズピアニスト

音楽を聴いていて

気づいたのですが


抑揚を感じるのが

好きなんです。



彼の奏でる音楽は


緩やかな

ジェットコースターに

乗っているような


心地よい

アップダウンがあって


例えるなら


上まで上がりきって

これから

坂を下っていくよ

という


その刹那の

ちょっと

身体が浮くような

浮遊感


までをも

音楽で表現してくれる

のが


すばらしいな

と思うのです。




コトバンク

調べると…

………………………………………………


「抑揚」とは

おさえたりあげたりすること。

話す時や音楽、

文章などで、

調子を上げたり下げたりすること。

高低。

起伏。

イントネーション。

‥‥‥‥……………………………………………



音楽や話し方は

耳から入ってきますが


おそらく

発信する側

(演奏者や話し手)


この

音を表現するのに

身体も

抑揚しながら

音を出しているはず。



以前

私にとって

リフレクソロジーの施術は

ピアノを演奏するのに

似ている


書いたことがあるのですが



つまり

この


「抑揚」

「身体を使って表現する」

というところ


共通するところ

な気がしています。



 

抑揚のある

話し方をする方として


森本レオさん


思い浮かぶのですが


彼の話す声には


「1/fゆらぎ」


があるそうですね。



1/fゆらぎ


蝋燭の炎や

小川のせせらぎ

のような

自然界にある

ゆらぎ

と同じで


人にとって

リラクゼーション効果が

あると

言われています。


…………………………………………………


人間の生体は

五感を通して

外界から

1/fゆらぎを感知すると、

生体リズムと共鳴し、

自律神経が整えられ、

精神が安定し、

活力が湧くと

考えられている。

(wikiぺディアより)


…………………………………………………


名曲の中には

だいたいは

あるといわれる

1/fゆらぎ


bgmを通して

私の中に取り込まれている

その

癒しの揺らぎが


私の施術からも

発信できていると

良いなと


祈りを込めて

施術しています。






どうぞ

心地よい

揺らぎを感じに

いらしてくださいね。


閲覧数:3回0件のコメント