登校拒否とリフレクソロジー



学校が好きではない

我が家の息子は


長い休み明けは

だいたい

学校に行きたがりません。


今朝は

制服を着る直前に


「息が苦しい」

「胸がつかえた感じで気分が悪い」


と言い始め


朝出ることができませんでした。


心も身体も拒否状態。


まずは

息苦しさを無くすため


手のひらの

ソーラープレクサス

と呼ばれる

ポイントや


横隔膜


の反射区を


じんわりと刺激。




少しおさまった所で

朝風呂につかりながら

話し合いました。



こういう時


気分が悪いのは本当だとしても

それが

気持ちの問題だった場合


行かせるか行かせないか

本当迷います。




結局




とりあえず行ってみて

どうしても気分が悪かったら

迎えに行ってあげるから


となだめて


行かせることに。


「給食食べれるか不安」


というので


その旨を連絡帳に書き

無理しないで良いし

先生にも分かるようにしておくから。


とも言って


校門まで送りました。


ノロノロと校舎に嫌々入っていくのを

見届けて


あとは学校にお任せ。



 


結果


どうやら

教室に入った瞬間

友達に熱烈な歓迎を受け


給食は


お休みだったこのパンを

おかわりするほど

しっかり食べ尽くし


「本当は焼きそばもおかわりしたかったのに我慢した。」


と報告してくるほど

満喫して帰ってきました…笑


やれやれです。



 


我が子はこんな感じでしたが


夏休み明けは


学校に行きたくない

という気持ちが

身体の症状として

現れてしまうお子様も

多いんじゃないかな。


と思います。


リフレクソロジーは

こんな時に

役立つ手段の一つ。


手や足に触れてもらう安心感

息子を観察していても

感じますし


反射区を触れることで

出ている症状を和らげる

ことにもつながります。


また

不思議な事に

手や足を触れていると

心に思っていたことを

ふと話し始めたりもするのです。





もし

同じように

お子様の不登校などで

悩んでいらっしゃる方がいましたら


お子様の手や足を

触ってあげてみて下さい。


難しかったら

メッセージ等で

ご相談ください。


リフレクソロジーが

一歩前に進む

何かのきっかけに

なるよう

一緒に考えます❤️


また

ソーラープレクサスってどこ?

と気になった方は


リフレクソロジー講座の

第一回目の無料動画

見ていただくこともできますので

是非ご覧ください。



少しでも

ホッとする時間となりますように。



閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示