リフレクソロジーとの出会い①

気づけば

リフレクソロジーを仕事にし始めて

10年以上が経っています。


本格的に学び始めるまでは

本当に仕事としてやっていけるのか

と思っていたりもしていたので


今自宅でサロンを開いているなんて

当時の私が聞いたら

びっくりするでしょうね。笑




今回は

そんな私の

リフレクソロジーとの出会い

について

書こうと思います。


リフレクソロジーの「リ」の字も知らなかった私が

その魅力にはまってしまった経緯。


それはこんな感じでした。



リフレクソロジーとの出会い①


リフレクソロジストを目指す前

携帯電話のショップのカウンター業務をしていました。


J-pone

(懐かしい!知っている方は私と同世代か上の方のハズ、、、笑)

から

vodafone

(これもまた懐かしい)

への過渡期に

派遣社員として働き始めたのですが


携帯の販売はもちろん

住所の変更や

携帯電話の使い方の説明

機種変更の手続き

データ移行

などなど


想像以上に

やること覚えることが多くて

ヒヤヒヤしながら働いていました。笑


それでも

始めた頃はそれもまた楽しく

接客業ももともと好きだったので

あまり苦痛を感じてはいませんでした。