一般的なリラクゼーションサロンと違うところ

先日書いた

「なぜ自宅サロンを始めたのか」

というブログ記事が

好評をいただいて

たくさんの方に読んでいただけて

とても嬉しく思います。


妊娠→退職→出産→子育て→保育園待機


という流れの中で


ある意味


「苦肉の策」


として始まった自宅サロンのことを

書いたわけですが、


その自宅サロンが

当時の自分と同じような

幼いお子さんの子育てをしている

お母さんたちに

多く

利用していただけている


そのことが

とても嬉しいです。

今回は

こうして成り行きではじまった

Room Rという

自宅サロンならでは

こだわりについて

書こうかなと思います。




今でこそ

なんでもないことなのですが


出産して

まだ間もなく

1歳にもならない

息子を抱えた

当時の私にとって


まだ

幼い我が子を

誰かに預けて

リラクゼーションサロンに行くのは


実の母であっても